メニュー

【平昌五輪】不気味な帯同者が映像に映り込んだ瞬間

2018年2月14日 - スポーツ, 危険

平昌オリンピック

平昌オリンピックのスケート会場で例の国が応援している様子です。戦争の足音が確実に迫ってきている中で、明らかに政治的意図で送り込まれて来た応援団です。みなさんは手前で黒いマスクをした女性の異様な姿に注目したでしょう。黒いマスク自体は韓国で流行っているので珍しくはないのですが、さすがにこういう状況で顔を隠すように使う一般人はいません。大げさで画一的な笑顔を振りまく応援団の一員とは全くそぐわない無表情な顔で、カメラの画角を気にしているようです。

しかし、海外では冒頭ですぐに姿を隠した男性の方に関心が集まっています。特に注目を集めているのが、カメラの存在に気がついた時に決してカメラを直視せず、スっと気配を消しながら逃げた“動き”です。わかる人にはわかるらしく、諜報活動に携わるような人独特の雰囲気を醸し出していると見る向きもあります。ただこれが本当かどうかはわかりません。

筆者はこのGIF動画を見た時、理由はわかりませんがこの男性に寒気を覚えました。どんな役目を担っているのかわかりませんが、不意のインタビューで応援団から情報が漏れるのを防いだり、一員から亡命者が出ないよう監視する人ぐらいはいそうですよね。