メニュー

【平昌五輪】北朝鮮選手が日本選手のブレードに手をかけて妨害【ショートトラック】

2018年2月23日 - スポーツ, 危険

スケート男子所とトラックで北朝鮮選手が妨害1

内側から北朝鮮のチョン選手、日本の渡辺選手、韓国の黄選手、アメリカのトマースインサク選手が並び、スタートダッシュで負けたチョン選手は、第一コーナーの直前で体勢を崩し前かがみに転倒。 腹ばいの状態になったチョン選手は、右前方にいた渡辺選手のスケート靴のブレード手をかけ、渡辺選手は体勢を崩しました。

スケート男子所とトラックで北朝鮮選手が妨害2

再スタートのレースでもチョン選手は渡辺選手に接触し、チョン選手は転倒しました。 結果的に審議となりチョン選手は失格、渡辺選手は2位で準々決勝に進むことになりました。

卑劣という言葉しか見つからない北朝鮮選手の行為。スポーツの祭典になにをしにきたのでしょう。IOCは厳罰を下すべきです。