メニュー

より体が浮くプールは作れないものか?

2018年6月5日 - 科学, 科学

水銀に浮かぶ鉄床

水銀に浮かぶ鉄床(かなとこ)です。水銀(Hg)の比重は13.54(20℃)で、鉄(Fe)の比重は7.874です。ですから重い鉄床(英語でアンビル)がプカプカ浮くわけです。人間の体は、肺に空気が入っていればほぼ水と同じ比重1ですから、水銀なら体の一部をちょっとだけ沈めるだけで余裕で浮くはずです。ただ水銀には毒があるので生身では入れません。常温で液体、かつ人体に無害な金属であれば、すごく良く浮くプールが作れるはずです。体の多くが浮上するので、息継ぎしない画期的な泳ぎができそうですが、今のところそういう金属はないようです。残念。