メニュー

ウーバー(Uber)のドライバーから窃盗する女

2017年11月9日 - 事件事故, 乗り物, 危険

ウーバー泥棒_Stealing money from Uber driver

乗客として乗り込んだ3人はグルだと思われます。窃盗を実行した女は、ドライバーが自分に視線を向けないよう、上着を脱いでスカートの中に入れ、黒のブラジャー丸出しいうあざとい手法を使っています。そしてわざわざ降りるタイミングで、上着を股間から出しています。乗客が1人だとドライバーも見るでしょうが、他にも人がいると好色に見られないように気を使うので、視線を向けにくくなります。人間心理を巧みに突いた、窃盗慣れした女たちのようです。

ウーバー(Uber)はアメリカをはじめ各国で大流行りです。資格を持っていない一般人もドライバーとして稼げ、乗客も支払いが安いと評判です。しかし、便利さとは裏腹に、ドライバーが不慣れな一般人だと甘く見て、今回のケースのように犯罪を仕掛ける奴も多そうです。この窃盗犯達はカメラの存在に気付かずチップ・ボックスに手を伸ばすというレベルの低い犯罪者ですが、ウーバーの仕組みの隙を突いて巧妙に立ち回る奴もかなりいそうです。正確な統計がないので通常のタクシーと比較するわけにはいきませんが、詐欺暴行など他にもいろいろあるようです。

日本では、一般ドライバーが乗客を運ぶのは『白タク』という違法行為に当たるので、本格サービスは行われていません。それなのに、日本の空港などで中国人達が同様のアプリを使った違法なサービスを提供しています。東京オリンピックも近づいてきましたので、政府および行政にはスピーディーで毅然とした対応が望まれますね。