メニュー

キャッチしていないボールはまだ生きている

2017年10月10日 - サプライズ, スポーツ
if (is_single()) { //広告(AdSense)タグを記入 $ads = &lt;&lt;&lt; EOF</code> EOF; $h2 = '/&lt;h2.*?&gt;/i';//H2見出しのパターン if ( preg_match( $h2, $the_content, $h2s )) {//H2見出しが本文中にあるかどうか $the_content = preg_replace($h2, $ads.$h2s[0], $the_content, 1);//最初のH2を置換 } } return $the_content; } add_filter('the_content','add_ads_before_1st_h2');

キャッチしていないボールはまだ生きている

キーパーは予測したコースにボールが来て「してやったり!」のナイス・セーブ。PK戦の流れを手繰り寄せるべく、チームメイトや観客にアピールしましたが、ボールはまだ生きていました。油断大敵とはまさにこのことです。キーパーにとっては、生まれて初めて起きたことかもしれませんが、大舞台で取り返しがつかない失敗を犯してしまいました。サッカーの指導者は、選手が小さいころからボールデッドを確認させる癖をつけさせないと、こうした悲劇はまたいつか起きるでしょう。

<おまけ>

ゴール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA