メニュー

モコモコ膨らむ発泡充填断熱材

2018年5月20日 - 科学, 危険

発泡充填断熱材

壁や天井などの空間を埋める発泡充填断熱材をスプレーしているところです。スプレーガンの先でA剤とB剤が混じり、化学反応を起こして発泡し、数秒で固まり始めます。固まると無臭で、水も空気もほとんど通さないそうです。湿気を溜め込まないので、結露やカビの発生を抑えます。膨らむ様子が面白いので、いろんなイタズラに使えそうだと一瞬思いましたが、完全防護服を見ると、そんなことは考えない方がよさそうです。万一吸いこんだら、気管や肺が“気密”され大変なことになります。