メニュー

対ドローン生物兵器

2017年10月8日 - 動物, 事件
if (is_single()) { //広告(AdSense)タグを記入 $ads = &lt;&lt;&lt; EOF</code> EOF; $h2 = '/&lt;h2.*?&gt;/i';//H2見出しのパターン if ( preg_match( $h2, $the_content, $h2s )) {//H2見出しが本文中にあるかどうか $the_content = preg_replace($h2, $ads.$h2s[0], $the_content, 1);//最初のH2を置換 } } return $the_content; } add_filter('the_content','add_ads_before_1st_h2');

対ドローン生物兵器

高性能のドローンが安価になり、その便利さとは裏腹にいろいろ物議を醸すようになりました。日本でも、2015年に首相官邸にドローンが落下したり、2017年2月には神奈川でドローンが落下し男性が大けがをするということもありました。海外では、こうした対策に、空中で迎撃する生物兵器が配備されてきました。フランス空軍やオランダ警察には本当に鷹と鷹匠を配備して、任務にあたらせているんですよ。

対ドローン生物兵器2

日本ではまだ対ドローン生物兵器は導入されていませんが、遅かれ早かれ対策が取られるでしょう。ドローンはルールを守って飛ばさないと、50万円以下の罰金を科せられることもあるので注意しましょう。

無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン(国土交通省)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA