メニュー

猫を助けずフェイスブックで配信?

2018年3月28日 - 放送, 動物

猫の救出
『「猫を助けて!」 全米から電話殺到』と日本でも報道されたこのニュース、ちょっとおかしいのです。地元のテレビ局が電柱の上にいる猫を撮影してフェイスブックを使って配信したということですが、撮影した人たちはその場では助けなかったのでしょうか?通常の感覚だと911に連絡するなどして、その様子も撮影するでしょう。電話が殺到するほどタイムラグがあることに強い違和感を感じます。

ニュースでは、猫は4日ぶりに地上に下りたということですが、4日間放置されていたということでしょうか?一見ほのぼのしたニュースのようですが、数字を稼ぎたいTV局のどす黒い思惑が透けて見えるような気がします。もしかすると、報道する技術が稚拙で伝えきれていない内容があるのかもしれませんが・・・日本のメディアが疑問も抱かずそれを放送するとは、なんともおそまつと言わざるを得ません。