メニュー

おお!ククルカンの神が!神殿前でダスト・デビル発生

2019年3月25日 - 気象, サプライズ, 感動

チェチェン・イッツァで塵旋風が発生

メキシコのチェチェン・イッツァの遺跡で春分の日の翌日である3月22日、ククルカンの神殿の正面にダスト・デビル(塵旋風)が発生し、多くの人々が驚き恐怖したそうです。

ククルカンの神殿では年2回、春分の日と秋分の日にだけククルカンの神が降臨するといわれています。その日だけ太陽光が神殿のエッジをかすめ、蛇の頭を下にデザインされた階段にうねった蛇身を投影します。

その現象を見た翌日に、ダスト・デビルが神殿の正面に発生したのですから、その場にいた人々はさぞや戦慄が走ったことでしょう。ドンピシャの位置と角度、そして上空に立ち上り消えていく様は、羽が生えた蛇の神ククルカンが空に帰っていくかのようです。奇跡の瞬間が撮影された貴重なビデオです。