メニュー

まな板の鯉

2018年9月10日 - サプライズ, 動物, 危険

気絶

「まな板の鯉」は「絶対的に追い詰められた状況で、自分の力ではどうにもできず、相手のなすがままになるしかない」ということわざですが、この魚にはそんな諦めの境地はなかったようです。男性に抱えられた瞬間に、魚は激しく身をよじり、バランスを崩した男性の顔に強烈な反り身パンチを入れます。男性はあっけなく一発でKOされてしまいます。今回は「窮鼠猫を噛む」ということわざの方が当てはまったようです。