メニュー

クラーケンを放つ

2020年11月18日 - 社会, サプライズ, 感動, 犯罪, 放送

クラーケンを放つ

混乱がいまだ続いているアメリカ大統領選挙です。日米とも大手メディアはバイデン勝利でトランプ側の主張を無視し続けていますが、アメリカFOXニュースだけは、双方の主張を取り上げています。GIF動画は11月13日のトランプ側の弁護士シドニー・パウエル氏へのインタビューの様子です。

「私はクラーケンを放ちます  I’m going to release the Kraken」とパウエル弁護士。クラーケン?え?あれ?(1分40秒あたり)すげーー!!どれほど強烈な証拠なのか!?アメリカの諜報機関がかつて行なった他国への選挙工作活動を敢然と暴露した上での発言です。ドミニオン社のシステムはベネズエラのウゴ・チャベス氏の選挙結果を改ざんするために作られたそうです。これはアメリカの闇のその中核を強烈に貫いています。恐らく、自らの暗殺をも視野に入れた命がけの発言でしょう。

今、アメリカの、そして世界の、ここ150年の巨大な不正が暴かれるかもしれません。

 

※資料1・・・冒頭の翻訳字幕版youtube動画マタタビの羅針盤氏

※資料2・・・元経済ヒットマンのジョン・パーキンス氏による告白  動画1 動画2  動画3

※追記11月28日・・・クラーケン?え?あれ?(1分40秒あたり)と映画「タイタンの戦い」の予告編をご紹介しましたが、最初の当記事アップロード時は「クラーケンを放て」と記されていた日本語テロップが、いつのまにか「ヤツ・・を放て」に変更されています。そして240pの低解像度以下になり、高解像度版は削除されています。ワーナーBrお前もか!どれだけこの情報が広がるのを恐れているのでしょう。そして日本のテロップにまでそのような工作を展開する闇の勢力の徹底ぶりに驚きを隠せません。ちなみに音声は「リリース ザ クラーケン」のままです。かつてGIGAZINで紹介された(おそらくタイアップで映像を提供?)のYouTube – 映画「タイタンの戦い」クラーケン登場(日本語字幕付き)は「クラーケンを放て」のままです(11/28現在)。今のところここまでは闇の勢力の手は伸びていないようです。

 

 

"牛骨下松ラーメン通販”