メニュー

ディーゼルエンジン

2021年8月29日 - サプライズ

ディーゼルエンジン

ディーゼルエンジンにはスパークプラグがありません。空気をピストンで圧縮し、高温となった空気に霧状の燃料を噴射することでダイレクトに燃焼させるので点火する必要がありません。シンプルですね。

ディーゼルエンジンが使うのは軽油で、実は石油を精製するとガソリンや軽油は必ず一定量産出されます。石油を輸入している日本は、軽油の利用が少ないため輸出しているという、え?え?ーなことになっています。とかく悪玉にされがちな軽油ですが、高度な利用方法が開発されれば社会に対する貢献度は大きいはず。

マツダの「SKYACTIV-D」はかなりいい線を突いているので、より発展させてもらいたいものですね。なにせ欧米の自動車メーカーがとても太刀打ちできないと、ディーゼルから撤退しEV+原発に舵を切ったぐらいの技術ですから。

 

 

"牛骨下松ラーメン通販”