メニュー

デルタ1425便

2019年7月11日 - サプライズ, 事件事故, 乗り物, 危険

デルタ1425便

7月8日、アメリカのアトランタからボルチモアに向かう「デルタ1425便」のエンジントラブルの様子です。機は予定を変更してノースカロライナ州のローリーに緊急着陸して全員無事でした。航空会社は当初、何かがエンジンに飛び込んだためと説明していましたが、それに反発した乗客がSNSに映像を投稿し、航空会社の嘘の説明が大問題になっています。どう見てもジットエンジンの回転軸のキャップが取れて、フィンに吸い込まれそうになりながら回転しています。キャップが分解して吸い込まれたら、エンジンは発火し爆発したかも。乗客は死を覚悟していたに違いありません。