メニュー

ドイツのメルケル首相が激しい震え

2019年6月22日 - サプライズ, 危険

ドイツのメルケル首相が激しい震え

ドイツのメルケル首相が6月18日、ベルリンで行われたウクライナ大統領の歓迎式典中に激しい震えを起こし、そのシーンが全世界に報道されました。当日は30℃近くの暑さで64歳のメルケル首相は熱中症を起こしたようです。何とか式典を乗り越え歩いて会場を後にし、会談後の記者会見でメルケル首相は「あれから水を3杯飲み、今はすごく調子がいい」と笑顔を見せたそうです。大事にならず良かった良かった。