メニュー

ボーイング747で山火事消火

2017年10月14日 - サプライズ, 災害

ボーイング747の山火事消火
カリフォルニアの山火事をボーイング747で消火する様子です。ジャンボジェット(Jumbo Jet)の愛称で呼ばれる大型旅客機を改造したもので、7万5000リットル超の火勢抑制剤を一気に散布しています。7万5000リットルというと、東京都の消防車両A-2級化学車(水槽1500リットル+消火薬剤槽150リットル×2)を1800リットル積載として考えると、約42台分にあたります。わずか十数秒の間に、消防車42台分の火勢抑制剤を、しかも、視界の悪い山上を超低空で飛行し、火勢のもっとも高いポイントにドンピシャで投下しています。一瞬見える機体の影から察するに、山から最短1~2メートルしか離れていません。パイロットは凄腕ですね。