メニュー

不便な牛乳ボトル

2019年10月10日 - ボーイ&ガール, フード・ドリンク, グッズ

不便な牛乳ボトル

小さな子供だと必ずこぼれてしまう牛乳ボトルです。注ぎ口が高い位置にありコップまでの距離があります。注ぐときには水平方向に出てしまい、しかもドボッドボッと波打ちます。子供の力では制御できません。これはお年寄りや、障害者でも同じです。製造するメーカーの都合で設計されているからです。

日本ではコストの理由から紙パックが普及していますが、注ぎ難さはほぼ同じ。しかも最初に開けるとき力が必要で、閉めるときは密封できない欠点があります。考えてみると毎日使う容器が不便なままなのはメーカーの怠慢以外の何物でもありません。口が小さなペットボトル入りの牛乳がないのは、直飲みする人が増えて細菌が繁殖しやすい牛乳にとって不衛生だからとの理由だそうですが、本当かなあ?明治おいしい牛乳のパックは多少良くなっていますがまだまだな気がします。もっと便利な設計がありそうですけどねえ。