メニュー

添加か傷か

2019年6月28日 - サプライズ, 感動, 科学, フード・ドリンク, アート, トリック, グッズ

シャンパン_セルツァー添加

グラスに注がれたシャンパンを美しく撮影する方法です。少量のセルツァー・タブレット(炭酸タブレット)を添加するだけで、細かい泡が長くグラス内に留まります。本来の味は変わってしまっているでしょうが、見た目だけは華やかで美味しそうです。

シャンパンの泡がたくさん立ちあがるにはいくつかの条件がありますが、私たちが意外と思う理由の一つに、グラスの形状があります。シャンパングラスは基本的に、立ち上る泡をより長く楽しめるよう細長く(これをフルート型といいます)作られていますが、実は内側の形状がなめらかすぎると泡が立ちにくいのです。特に底が楕円形だと泡が立ちにくいのです。GIF動画のグラスがそうですね。

ちゃんとしたシャンパングラスは底が鋭角に落ち込み、さらにこの部分に気が付かないほどの“傷”がわざと施されています。この傷がシャンパンに溶け込んだ炭酸を開放する点になります。「傷物」とは低価値のものをいいますが、ことシャンパングラスに限っては「傷物」は細かい工夫が反映された最上級品になります。

 

 

"牛骨下松ラーメン通販”