メニュー

滝雨?

2017年11月12日 - サプライズ, トリック

滝雨 spot rain

『滝のような雨』とは激しい雨のことを表現する慣用句ですが、このGIF動画のように半径数メートルに降る豪雨を表現する日本語は見当たりません。それで今回は「のような」を取り去って『滝雨』としてみました。読みは滝の音「ロウ」(知らなかったでしょ?筆者もです)を適用して「ロウウ」と読みましょうか。

元々「滝」(もしくは瀧)は、水が竜のような筋で流れ落ちるさまを表したもので、水を表す「氵(さんずい)」と「竜」を組み合わせた文字です。まさにこの雨にぴったりですね。

しかし、四季があり様々な雨が降る日本でこんな現象は見たことも聞いたこともありません。調べてみたら、撮影場所はアフリカのガーナのようです。外国ならあるのかもなー・・・と納得しかけましたが、アフリカか・・・怪しい(笑)。撮影者の心理として不思議な現象の源はぜひ撮影したいもの。天空の落ちてくるポイントを十分に撮影しないのはなぜか?そんな疑問もわいてきました。

そこでもっと調べると、どうもパイプラインの事故で水が噴き出しているようです。吹き出し口が真ん中なので見えません。「スポット・レイン」とか「一か所に降る雨」として投稿されているGIFのようですが、ファイク・ニュースなんですね。危うく騙されるところでした。読まれたあなたはいかがでしたか?