メニュー

犯人はお前だね

2017年9月7日 - 動物

犯人はお前だね
『悪いことをしたと顔に書いてある』というのは日本人がよく使う慣用句です。相手の表情から、自白を読み取ったときに使います。

高度に発達した群れ社会では、表情や仕草でいろいろな情報  ―時には自分にとってデメリットである情報でさえも― 相手に伝えることで、コミュニティの絆を強くしていると考えられます。ペットとして長く人間社会に溶け込んできた犬は、時折こうしたデメリット情報を伝達するという高等テクニックを使います。猫ではあまり見られません。

犬は、表情と仕草で豊かなコミュニケーションをとることができ、群れ社会の中で生きていく術に長けていると言えるかもしれません。