メニュー

猛禽類の狩り

2021年6月1日 - サプライズ, 感動, 動物, 危険

猛禽類の狩り

大きさでいえば地上を走る同体格の動物であれば鷲や鷹より重くて力もあるはず。空を飛ぶ猛禽類は意外と体重そのものは軽いはずです。

秘密はスピードとカギ爪にあります。頭や首筋などの急所に勢いをつけて大きな爪をドカンと突き刺し、強力な握力で掴むか引き裂きます。種によっては8cmを超える長さの爪を持ちこれは熊や虎の爪に匹敵します。そのまま押さえつけられれば身動きできなくなり、さらにクチバシ攻撃を受けるのみになります。猛禽類は相手から攻撃されない位置を選ぶので、襲われた方は反撃できません。

ハーピーイーグルの爪

上の写真は最大級の猛禽類オウギワシ(Harpy eagle)の爪です。80km/hで飛来し、突き刺す爪の衝撃力は1800ジュールに達します。そのエネルギーは一般的なアサルトライフルから放たれる弾丸に匹敵します。

 

 

"牛骨下松ラーメン通販”