メニュー

突然の訪問者

2020年8月15日 - サプライズ, 事件事故, 動物, 危険

クマの侵入

ドアを破壊して侵入するクマです。頑丈そうなドアも木っ端みじんです。クマの恐ろしいパワーがよくわかります。日本では1915年(大正4年)に、記録が残るものとしては最悪のクマ事件「三毛別羆事件さんけべつひぐまじけん」が起きています。340Kg(諸説あり)の大ヒグマにより7名が死亡、3名が重傷を負っています。日本の地方は近年過疎化が進んでおり三毛別の事件が起きた当時のように動物が増えてきています。いつまた同様の事件が起きるかもしれません。

400Kg超えのクマ