メニュー

サプライズ

ヤバそう
変色した手が!
青黒く変色した小さな手。誰もが最悪のケースを想像しますが、実はアルマジロの手でした(笑) しかし、なんで仰向けで???1日に18時間も寝るというアルマジロの不思議な習性ですね。       […]
イヌジゴク
イヌジゴク
まるでアリジゴク(Antlion)が作ったトラップのような砂漠のすり鉢です。この後、ワンちゃんが脱出できたかどうかはわかりませんが、撮影者がいるので最悪のケースは免れたのではないでしょうか?
タッチ
テクニシャン
「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ」「ちょっとーw」という会話が聞こえてきそうなバレーボール選手のワンシーンです。日常茶飯事なのか、その後も続いていきます。試合前にテンションを上げるテクニックなのでしょう、いい意味で(笑) &nb […]
180度開脚
独り180度開脚
監視カメラがとらえた独り180度開脚の様子です。レストランなのかな?ヌルヌルの床でモップを絞ろうとして滑ったようです。本人は悲鳴を上げているように見えますが、見ている方は「プププ・・・」と笑いがこみあげてしまいますね。
クロテン
大好き!
何度離しても「大好き!」とばかりに飼い主に飛びつく可愛いペット。猫?犬?・・・調べたらクロテンだそうです。尻尾が長いですね。 こんなに人に懐くとは驚き。
サスのお化け
サスとタイヤのお化け
これだけ大きな車で大ジャンプして、しっとり着地してすぐカーブを曲がる、なんてことは普通のサスペンションとタイヤでは無理です。どちらのパーツもお化けクラスの高性能です。アクション映画で見てみたいですね。パトカーなんてぶっち […]
6-start thread
多条ねじ
いわゆる多条たじょうねじ(Multi-Start Thread)の1つ「6条ねじ(6-start thread)」です。ゆっくり回転しながらスー―っと沈み込んでいます。多条ねじは少ない回転数で長い移動距離(ねじ用語でリー […]
命がけのジャンプ
命がけのジャンプ
急ブレーキ&ジャーンプ!子供とは言えまともに載られては猫の体は折れてしまうかも。命がけの回避でした。  
ヘリの出力
ヘリの出力
ヘリコプターの場合はメインローターが生み出す出力が「揚力+推力」になります。飛行機と違ってスロット調整はあまり行わないません。機体を傾けることによって推力、すなわち前進する力を得ます。この動画の場合、ブレーキをかけながら […]
自動工事エリア設定カー
【働く車】自動工事エリア設定カー
タイトルは適当につけたものなので本当は別の名前かもしれません。働く車の中でも相当特殊な用途限定と言えるかもしれません。でも、大都会ではいつもどこかで工事しているもので、こういう車のニーズは結構ありそう。特に日本の場合は、 […]
ダブルゲット
ダブルゲット
「二兎にとを追うものは一兎いっとをも得ず」と言いますが、いつも必ず正しいとは限りません。ご覧のように、銛もりの一突きで、大きな魚を2匹もゲット!素晴らしい!
フクロモモンガ
5匹のフクロモモンガ
小さくてカワイイ5匹の「フクロモモンガ」が飼い主めがけて飛んできます。手で受け止めてもらえると確信して来るので、飼い主は愛を感じてしまいますが・・・3匹目は手で受け止められなかったみたい(笑)  
逆宙返り
逆回転スローのGIF動画かと思いきや、ちゃんと普通に踏み切っています。ただし、逆宙返りですね。予想しなかった動きに惑わされます。  
ホンダジェット エリートのエアブレーキ
ホンダジェットのエアブレーキ
ホンダジェット・エリートのエアブレーキの動きです。離陸前のテストのようです。エアブレーキは、航空機によってはエンジン、主翼、尾翼、胴体など様々な場所に着けられていますが、ホンダジェットのエアブレーキは理想的なところに着け […]
ネコの保護者
ネコの保護者
猫はどちらかというと自由奔放で本能的です。犬は社会性が高く順応性が高いように感じます。このシーンはそれがよくわかりますね。ハーネスを着けた(普段から問題児?)ネコをレトリーバーが指導します。
フライング・キャット
フライング・キャット
美しい猫ちゃんのジャンプ!いつもやり慣れているようです。カメラの位置バッチリでスロー撮影してますね。SNSのアクセスを増やすのは、やっぱネコちゃんのレア・シーンが最も効果的です。
ビーバー
おねだり
女性の脚にまとわりついてクッキーをおねだりするビーバーです。ええ!?家でビーバー!?ビーバーと言えば木を齧り倒して、川にダムを作ることで知られています。小柄な体ですがその資材調達力と建築力には凄いものがあります。この女性 […]
ミレニアム・ファルコン号のドローン
ファルコン号のドローン
ミレニアム・ファルコンのドローンです。ファルコン号が登場する最初の映画『スター・ウォーズ』公開が1977年ですから、なんと43年前のことになります。ここ数年ドローンが小型・安価になり、やっとオモチャでそれらしく作れるよう […]