メニュー

感動

ストップモーション空手
ありない超絶空手バトル
まるでドラゴンボールZばりのスペクタクル戦闘シーンです。しかし、こちらは実写です。凄い! いったいどうやって撮影したのか?よく見ると役者が地面に寝そべって、カメラは上からコマ撮りをしているようです。それを編集でうまく繋い […]
働く犬
次、持ってきて!
思わず「グッドボーイ!」と褒めてあげたくなる働く犬です。いそいそと喜んで動いてくれます。ゴミ捨てまでしてくるなんてなんて賢いのでしょう。
特殊効果 レイ・ハリーハウゼン
生きているガイコツ
レイ・ハリーハウゼン(Ray Harryhausen)による特殊効果の秘技です。なんとそれはただの手作業!コマ撮りまたはストップモーション・アニメーションと呼ばれる、途方もない根気と熟練を必要とするテクニックです。一見、 […]
シャンパン_セルツァー添加
添加か傷か
グラスに注がれたシャンパンを美しく撮影する方法です。少量のセルツァー・タブレット(炭酸タブレット)を添加するだけで、細かい泡が長くグラス内に留まります。本来の味は変わってしまっているでしょうが、見た目だけは華やかで美味し […]
オレンジの皮むき
オレンジのマッハ・カット
数秒で皮をむいてしまうオレンジの切り方です。ポイントはオレンジを回転させながら皮を水平にカットするところです。プロの技はすごいですね。  
ロールスロイスのエンブレム
スピリット・オブ・エクスタシー
超高級車ロ-ルスロイスのエンブレムは「スピリット・オブ・エクスタシー」といいます。その収納・格納する動きに注目!単に蓋が開いてマスコットが上下するだけではなく、わずかにスライドして“鎮座”する雰囲気を感じさせてくれます。 […]
大谷翔平のホームラン
大谷翔平が今季5号となる逆転3ラン本塁打を放つ
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が5日(日本時間6日)、本拠地でのオークランド・アスレチックス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席で2試合連続となる5号逆転3ラン本塁打を打ちました。 スローで見ると […]
醤油皿
気の利いた醤油皿
お醤油をいれると海面の鳥居が浮かび上がるお皿です。宮島のお土産でしょうか?たあいもないアイデアですが、知らずに使うと「おっ」と小さな感動がありそうです。  
騎馬闘牛士
驚嘆のステップ
真正面から対峙する猛牛と騎馬闘牛士(レホネオドール)。両者が同時に前進したかと思うと、華麗にして強靭な馬のステップでスルリと牛の角をかわし、騎馬闘牛士は体を牛に覆いかぶせ楽々と銛(もり)を突き刺します。 映画やドラマで中 […]
ラテアート
ラテアート
ミルク・ピッチャーを巧みに操り、コーヒーカップの中の対流を計算しながら、意匠を創るラテアートです。味が変わるわけではないのですが何倍にも価値があるように気になりますね。
銀河のシネマグラフ
銀河のシネマグラフ
永遠に動き続ける天の川銀河のシネマグラフです。画像自体はコンピュータがある限り無限に動き続けますが、実際の天の川銀河は有限です。250万光年離れたアンドロメダ銀河が時速40万kmで天の川銀河に近づいており、いずれは衝突し […]
動く蝶々図鑑
羽ばたく蝶々図鑑
北米に生息する42種の蝶が羽ばたく図鑑です。これぞスマホやPCならではの機能を活かしたライブラリーです。将来は体のパーツをクローズアップしたり、3Dであらゆる角度から眺めたり、特徴を解説する動画を差し込んだりすると素敵で […]
光るリング
光るリング
映画「ロード・オブ・ザ・リング」のあの指輪のイメージ通り、というよりむしろこちらが原作「指輪物語」本来のイメージに近い感じの妖しい光を放つリングです。調べるとGLO Ringという名前です。燐(りん)を含むパウダーで発光 […]
ローズ・オブ・ジェリコ復活草
テマリカタヒバ(復活草)
水をかけると枯れ草の塊がおおおお!!テマリカタヒバ(手鞠片檜葉 学名:Selaginella lepidophylla)と呼ばれる、メキシコの高原に自生するシダ植物です。水を得ると回復するイワヒバ科の仲間ですが、このテマ […]
Pizza ピザ
石窯で焼くピザ
石窯でピザを焼くと遠赤外線効果により中まで熱が浸透し、おいしく焼き上がります。軽く焦げて膨らんだチーズが食欲をそそりますね。
リングでブレスレット
リングでしかもブレスレット
美しい外観を保ったままリングにもブレスレットにもなる優れモノです。円形の支点すべてにダイアモンドを埋め込みたいと思いませんか?よりゴージャスなオールマイティ・ジュエリーになりそうです。
チェチェン・イッツァで塵旋風が発生
おお!ククルカンの神が!神殿前でダスト・デビル発生
メキシコのチェチェン・イッツァの遺跡で春分の日の翌日である3月22日、ククルカンの神殿の正面にダスト・デビル(塵旋風)が発生し、多くの人々が驚き恐怖したそうです。 ククルカンの神殿では年2回、春分の日と秋分の日にだけクク […]
素手のマタドール
素手で挑むマタドールの結末
闘牛でおなじみのムレータを持たずに、素手で挑むマタドールです。神業的なステップと反転で、紙一重で突進する牛をかわします。角が左右に大きく張り出した危険な牛ですから、失敗すれば突き刺さっていたでしょう。 スローで見てもわか […]