メニュー

感動

オリンピック村 TOKYO2020
紙のベッド TOKYO2020
数々の不祥事で「呪われた東京オリンピック」とも貶されていますが、イギリスの水泳飛び込み選手がオリンピック村を紹介するビデオが爽やかだと話題になっています。“段ボールベッド”の上で2人が弾んで「ストロング!」と言っています […]
パスワード
パスワード
ロック解除するパスワードです。斬新かつ簡単ですね。欠点はこの動作をかなり遠くから見られてもバレるということ。一長一短があります。
偏光とは
偏光とは
筆者が理解してないものの一つが偏光という概念です。Wikipediaを読んでも、1行目から理解できません。読者の方わかりますぅ? 思えば世界を席巻していた日本のカメラメーカーがスマホという万能機に押され衰退の一途をたどっ […]
お約束
お約束
感情の揺さぶりに多くの人の関心が集まります。バラエティ番組では”お約束”の裏切りがその定番です。あなた!いっしょに口を開けてませんでした?(笑)  
クラクション、キャ!と
クラクション、キャ!と
伝説の「クラクション、キャ!と」ムービーです。画角やタイミングが完璧です。音は聞こえないのに「プアン!」と聴こえるようですね(笑)  
ネズミの行進
行進中
先頭はお母さんネズミ?子供を引き連れ行進チュウです。これなら迷子を出さないでいいですね。よく考えられたシステムです。 ところでこれ、どうやって子供に教えるんでしょうか?結構複雑な内容を伝えないといけません。チュウ語がある […]
ニッパーで切る
ニッパーで切る
拡大されたものを見ると、切るというより左右から押しつぶしてるようですね。まさに力技です。その分ニッパーの金属が硬くないと刃が立ちません。ちなみに筆者が所持しているニッパーは「CR-V70Cクロームバナジウム鋼」という何や […]
8×8≠5×13
なぜ増えた!
ええー?このクイズ、何度見ても理由がわかりませんね。ヒントは、どこか正確に四角形が再現されてないところがあるとかないとか(笑)
役者
役者
バラエティに欠かせないタレント指原莉乃。大した食べ物でもないのに、直前の表情をあえてサゲておいて、食べたとたんにカメラ目線で「ん~~💛」とアゲまくるリアクションはさすがです。芸歴14年のプロ中のプロです。いいね👍 &nb […]
優しい犬
優しい犬
プールに入るのをためらう子犬。そこに、親犬かな?自らそっとプールに入り背を差し出します。すると間髪入れず子犬はピョーンと飛び乗りました。しかし、いったいどうやって意思疎通したの?犬語で会話しの?
大谷26号レーザービームホームラン
大谷28号27号の2打席連続ホーーームラーーーン!
もはやベーブルースも超えるスーパーレジェンドといっていいでしょう!大谷翔平が29日(日本時間30日)ヤンキースタジアムで、2打席連発となる27号&28号を放ちました。GIF動画の28号は5回の大谷の打席です。超低空のレー […]
財布を拾って届けに来た良い子たち
財布を拾ったよ
財布を拾ってわざわざ落とし主の家にまで届けに来たとても良い子たちです。心がポカポカしますね。  
タコー!
タコー!
驚きなのはその逃げ出した穴の小ささです。甲板の排水用の小さな穴です。骨ないんか!脳みそないんか!目あっただろ!海の忍者といわれるのもうなずけますね。  
大谷いじられる
大谷いじられる
ここ4日でバッターとしてホームラン4本、ピッチャーとして1勝を上げた大谷翔平。まだ26歳なのにスーパースターとして全米の男女・・ともに愛されているそうです。1塁でいじってきた相手はタイガースの主砲ミギー・カブレラ。201 […]
テープカット亀
さあ亀!噛め!
テープカットを亀で決行!見事にタイミング良く噛んで切断してくれました。よほど好きなものでないとすぐ噛まないでしょう。亀の種類と何を使ったか気になりますね。
大谷翔平が菊池雄星から16号
大谷翔平が菊池雄星から16号
アナハイム球場で6月6日(アメリカは6月5日)、エンゼルス大谷翔平がマリナーズ菊池雄星から16号ホームランを打ちました。初球の甘いスライダー(?)を強烈に叩き、大きなアーチを放ちました。左対左、花巻東高の先輩ということも […]
クマを突き飛ばす少女
クマを突き飛ばす少女
強!クマを突き飛ばしたのはアメリカ・カリフォルニア州のヘイリー・モリニコさん17歳。子熊を連れた母熊はとても危険です。しかしそれ以上に子犬を守ろうとした少女の方が強かったようです。しかし、マネをしようと思ってはいけません […]
猛禽類の狩り
猛禽類の狩り
大きさでいえば地上を走る同体格の動物であれば鷲や鷹より重くて力もあるはず。空を飛ぶ猛禽類は意外と体重そのものは軽いはずです。 秘密はスピードとカギ爪にあります。頭や首筋などの急所に勢いをつけて大きな爪をドカンと突き刺し、 […]