メニュー

フード・ドリンク

マルシン出前機
マルシン出前機
町でよく見かける出前機です。なんだこぼれているじゃない!・・・と、これは実験映像のようで、ありえないスピードと急カーブの上に、むき出しの汁物丼という、過酷な条件下での映像です。丼は全くズレてないし、中身も前半はこぼれてい […]
エスカルゴ
トマトを貪るエスカルゴ
大きなトマトスライスを食べきってしまうカタツムリです。フランス料理のエスカルゴはカタツムリの意味です。このエスカルゴをバターで焼いて食べたらトマトの風味がして美味しいのでしょうか? でも、自分で野良カタツムリを殻のまま料 […]
アップルスワン
白鳥のリンゴ
お洒落な白鳥にカットされたリンゴです。自分でもやってみたくなりますね。リンゴは加工しやすいので、まだまだいろいろありそうです。
いたずら
いたずら?
誰かが蛇をドアに立てかて開けたいたずら? でもよく見ると、開いた瞬間に蛇が頭を突っ込んでいます! ドア枠に沿って登り、胴でノブを下げたのかもしれません。自由に各部屋を移動する蛇・・・絶対、飼いたくない!  
生ラーメン
生ラーメン
生は生でもインスタントラーメンの生。かけてるのは塩?それとも粉スープ? ベビースターラーメンがあるのだから、ありっちゃありかも。でも口の中切れそう(笑)
エッグイッチ
エッグイッチ
サンドイッチの一種であるエッグイッチ(eggwich)を作るGIF動画です。①バターで卵を加熱する②パンを焼く③サンドする④カットする、の工程を一気にやってしまいます。途中でサイドを一面だけ焼きにしますが、何か意味がある […]
Picanha ピカンハ
ピッカーニャ
Picanha(ピッカーニャ)はポルトガル語で牛のお尻の肉のこと。ピッカーニャ・ステーキはブラジルやポルトガルで大人気のメニューです。 上の画像の8番がピッカーニャです。牛のお尻のえくぼの部位です。日本で手に入れる場合は […]
フライパンの達人
フライパンの達人
小さなフライパンを巧みに操る達人です。360°回転するところが見ものですが、もっと凄いのがフライパンの動きだけで具材を包んでしまうところ。オムレツかクレープか料理の詳細はわからないのですが、間違いなく美味しそうですね。 […]
紅茶
ISO 3103
ISO(アイエスオー)?なんの紅茶こっちゃ?・・・ISOは「国際標準化機構」のことです。そこで決められている国際規格(IS: international standard)のNo.3103のことです。 で、ISO 310 […]
くるみ割り
くるみ割り
くるみ割りスプリングです。全く無駄のない優れた道具です。ただ、今の時代いつでも生くるみが手に入るので、この道具を使う機会がなさそうなところ。その道具にお金を払う意義がないんですよねえ。  
バナナ転び
そんなバナナ
史上初めてバナナによる転倒が観測されました。漫画やアニメの世界では定番ですが、現実世界では見たことも聞いたこともなかった現象です。この動画GIFは貴重なものと言えるでしょう。  
猫の奪い合い
勝者は誰か?
3匹の猫によるステーキ肉の奪い合い。両サイドの猫は口を開けると全ての肉を奪われるので噛んだまま耐えるしかありません。真ん中の子猫のみガシガシと食べています。よって真ん中の子猫の勝ち?・・・でもよく見ると、柔らかそうな、そ […]
コント
アイスクリーム・コント
まあ、面白いけど、舐めた時点で味の違いが判るでしょうに。若干詰めが甘いコントでした。  
ナマズ
ナマズ
遭難車を引き上げたら中から大きなナマズ(アメリカナマズ channel catfish)がドバドバと大量に!日本ではアメリカナマズの養殖もおこなわれており行方なめがたバーガーなるご当地グルメもあります。  
マジック
水を入れたグラスを切るマジック
水を入れたグラスをナイフで切ったら、それがケーキだったというマジックです。何度見てもタネがわかりません。グラスを切るふりをする動画と、ケーキをカットして食べる動画の2つを合成すれば可能なんですが、相当難しいと思います。 […]
ピザ・ガール
ピザ・ガール
アメリカの球場ではゲームの合間にカップルを会場の大画面に映し、映された2人はキスをして応える「キスカム」という文化があります。この場合は手前のカップルがそれなんですが、後ろにいた「ピザ・ガール」のリアクションに注目が集ま […]
タマネギのみじん切り
タマネギのみじん切り
手際のいいタマネギのみじん切りです。まな板を使わないのに凄いスピードです。手は切れないのでしょうか?大量にみじん切りをするなら、フォードプロセッサーを使えばいいのにとも思いますが、やはり食感(=味)に違いが出るのかもしれ […]
トンデル女
トンデル女
ヘヴィメタル系のライブ会場?破壊と疾走感が支配する雰囲気の中、一人だけ食欲が勝っているようです。ある意味、微笑ましくもあり(笑)