メニュー

動物

猫の奪い合い
勝者は誰か?
3匹の猫によるステーキ肉の奪い合い。両サイドの猫は口を開けると全ての肉を奪われるので噛んだまま耐えるしかありません。真ん中の子猫のみガシガシと食べています。よって真ん中の子猫の勝ち?・・・でもよく見ると、柔らかそうな、そ […]
慰めてくれる犬
慰めてくれる犬
泣いている子供にやさしく寄り添い慰めてくれる犬です。こういうのを見ると犬は家族だなあと思いますね。  
カニ
砂の中から現れたのは
砂を海水で洗い流すと、中からウジャウジャ出てきたのはカニ。凄いカニ密度です。たまたまこの一角だけカニが密集していたのか?それとも浜辺一体全てにカニが潜んでいるのか?そして、こいつらはいったい何を食ってるのか?想像するとム […]
シルバーバック
ゴリラの急襲
動物園でよかったですね。体重180kgにもなる全身筋肉の塊であるゴリラに本気で襲われたら人間などひとたまりもありません。透明のアクリル壁がなければけが人が出たでしょう。 ゴリラは温厚で自ら攻撃を仕掛けるということはほとん […]
漁犬
釣犬
猟犬じゃなくて漁犬でもなくて釣犬ちょうけん。飼い主が投入した餌に近づく魚をゲットします。なかなかいい仕事します。もっと大きい魚を狙わせたいものです。  
火を消す犬
ハッピーバースデー!
「あっ!このバカ犬」?いえいえ、このワンちゃんは危険な火を消そうとお皿をはたいたのでした。熱いロウソクの火を近づけてくるなんて、なんてバカな飼い主なの、と思っていることでしょう。  
脱走
脱走
最近、日本の警察は捕まえていた犯人を逃がしてしまい大騒ぎになるケースが多発しています。常習犯を逃がさないこの母猿のような優れた予知力と確かな捕獲力を見習ってほしいものですね。  
危機一髪
子の危機一髪を救う母
自然とのふれあいを楽しんでいた親子に、突如として危機が迫りました。大きく張り出した角を持つ大柄な羊が突進してきます。ギリギリで気付いた母親が紙一重で我が子を引き寄せます。羊を止めようとしてたらアウト。子供を抱えて前に進ん […]
虎の襲撃
トラの襲撃
密林の王者「トラ」は泳ぎます。同じネコ科の「ライオン」は水が大嫌いで、この点が大きく違います。トラは水面下に巨体を隠し、忍者さながらに忍び寄り、いきなりガバ―!!っと襲います。心底恐ろしいプレデターです。  
チャーキードッグ
チャッキードッグ
「死めええええ!!!」と鬼気迫るチャッキードッグです。チャーキーはホラー映画『チャイルド・プレイ』に出てくるキャラクターです。その衣装を着せられたワンコがカメラに走ってきてるだけなんですけどね(笑)ナイフの位置と揺れ具合 […]
天才馬
全力でこける馬
ズッコケタの?いえいえ、これはスライディングして柵をすり抜ける天才馬です。スローで見てみましょう。 柵に向かって全力で加速し、自ら首をひねって転倒しています。首が柱に当たるのを避けながら、ひょいと左前足を縮めクリア!こん […]
作用反作用
作用反作用
スタンダップパドルボード、通称「SUP」。お子さんやワンコを乗せて優雅に水面を移動できます。ただし、乗せた相手がはしゃいだりしなければ・・・「運動の第三法則」が見事に発動した例です。  
豹の甘噛み
豹の甘噛み
大変危険な豹とのスキンシップです。飼育員もそばにいるようですが猛獣を甘く見てはいけません。今回は甘噛みで済ませてくれましたが、なんの保障もありません。動物の生態に精通した学者ですらこんな目に合うことがあります。やめましょ […]
犯人
犯人
恐らく常習犯でしょう。犯人の所在地がバレバレです。それにしても、まるで人間かのような表情です。うつむきながら上目遣いでチラ見されたら怒るに怒れないですね(笑)
海洋生物にバナナ
みんな大好きなバナナ
なんと亀も魚もバナナが大好きだったとは!相当うまいのか、ガッツキ感が凄いですね。これは釣りに使えそう・・・と思ったけど針がすぐ抜けそうなのでダメかな。高いしね。  
オスプレイ
オスプレイ
オスプレイ(Osprey)というとヘリコプターで有名ですが、元々はミサゴの意味です。魚を捕食することから魚鷹(うおたか)の異名もあります。 さすが、魚を捕まえる専門職だけあって、他の猛禽類とは漁のレベルが違います。他の猛 […]
海に落ちたスマホを拾ってくれたベルーガ
海に落ちたスマホを拾ってくれたシロイルカ
海に落ちたスマホを拾って来てくれたシロイルカ(ベルーガ)です。 このシロイルカは今年4月、ノルウェーの北極海沖に忽然と現れ、漁師の船に近づいて来て餌をねだったそうです。その時はハーネスを着用していて、これがロシア製だった […]
猫の狩り
猫の狩り
親指の付け根のボリューミーな肉にかぶりつく猫です。本気ではなくじゃれているだけでのようですが、狩りの時にはこうして相手の喉を狙うのでしょう。素早く、そして予測できない角度からの攻撃は、とても避け切れるものではありません。 […]