メニュー

動物

カメレオンの捕食
カメレオンの捕食
カメレオンが有刺鉄線に後ろ脚だけで立ち上がり、左前脚をかけたかと思うと、電光石火の舌伸ばしで見事にトンボを捕まえました。ちょっと足を滑らせるところがおちゃめです。     雨どいも凍る街角 キャット捕 […]
Lace Monitor
パクつくレースモニター
「レースモニター(Lace Monitor)」は「レースオオトカゲ」のことです。レースは縞模様のことでしょうが、モニターって何?調べると、モニターと呼ばれるトカゲたちは、獲物を見つけたり危険を察知したりするために、高い木 […]
餌を要求する犬
時間ですよ
「時間ですよ」というより「メシの時間だ!」とお怒りモードの行動ですね。飼い犬がこんな行動をするのは、自分が群れの中で飼い主より上位の存在だと思っているからです。あまりよい飼い方ではありません。 例えば散歩の時に、リードを […]
カニ
砂浜にブクブクと泡。その正体は!?
マテ貝かシャコでも獲れるのかと思ったら大きなカニでした。メリメリとカニの形で砂がめくれあがるところが面白いですね。形からガザミ(別名ワタリガニ)のようです。
猫トラップ
害獣侵入防止トラップ
猫のような身体能力の高い動物は相当な塀でも乗り越えてしまうもの。どうしても阻止しようとすると、塀の上に有刺鉄線でも曳くしか手がありません。しかし、動画のような回転するパーツがあれば効果的です。見た目も有刺鉄線と比べて悪く […]
ドクターフィッシュ
ドクターフィッシュ
人間の古い角質を食べてくれるというドクターフィッシュです。正式名はガラ・ルファ(Garra rufa)といい、トルコなどの西アジアに住むコイ科の魚です。37℃の温水でも生息できることから、温泉施設で人間の美と健康のために […]
ベビーフラミンゴ
刷り込み
鳥類などの動物が、生まれた直後に出会った声を出し動くものを、親として学習する現象を「刷り込み(imprinting)」といいます。このヒナ鳥たちはこの女性を生まれた直後に見て、親と思っているのでしょう。すごくなついていま […]
鹿を救助
スタックした鹿を救助
氷でスタックした鹿を抱きかかえて救助する男性です。蹄(ひづめ)のある動物のことを有蹄類(ゆうているい)といい、蹄の数が偶数の仲間を偶蹄目(ぐうていもく)、奇数の仲間を奇蹄目(きていもく)といいます。鹿は有蹄類偶蹄目の仲間 […]
洗車場に現れる犬
洗車場に現れる犬
なぜか洗車ブラシの快感を覚えてしまった犬です。首輪をしていないところを見ると野良犬でしょう。都市に適応した動物はたくましいですね。  
4頭のライオン
クアトロフォーメーション
野生のオスライオン4頭による道路の行進です。クアトロフォーメーションで一分の隙もありません。たぶん、所属していた群れを離れたばかりの4兄弟でしょう。ライオンはネコ科で唯一群れを作ります。そして、子供から大人になったオスラ […]
奥さんを守る犬
奥さんを守る犬
パチパチと奥さんの太ももを叩くご主人を、ものすごい勢いで止めに入るワンコです。犬の必死な顔とは対照的に2人は笑顔です。たぶん定番のイベントを撮影したのでしょう。犬は歯を全く立てていないので攻撃ではありません。犬は所属する […]
泳ぐ白頭鷲
猛禽類はバタフライで泳ぐ
水掻きで泳ぐ鳥はいますが、翼で泳ぐ鳥は珍しいですね。白頭鷲の足は武器に特化しているので足ひれはありません。魚をゲットしたのはいいけれど、獲物を持ちあげられなくて、やむなく泳いでみたようですね。 こちらはフクロウの泳ぎ。同 […]
ワニを狩るジャガー
ワニを狩るジャガー
いずれも強力な捕食者ですが、個体の大きさが狩る者と狩られる者を分けたようです。ジャガーは、不意打ちしたとはいえ、一噛みでワニをおとなしくさせています。ジャガーの牙が硬く厚いワニの皮を貫き、脊髄を破壊したようです。恐ろしい […]
巨大なマンボウ
巨大なマンボウに飲み込まれる
ダイバーが巨大なマンボウに飲み込まれるぅー!・・・と思いきや、ダイバーは画面奥にいて、すれ違っただけでした。遠近感の効果のせいで実際より大きく感じますが、それでも十分大きいですね。このマンボウは、2010年に遺伝子解析で […]
カモメに餌をあげる女性
それは恋のなせる技?
信じられないスマホの投げ捨てです。カモメに餌をあげようと、右手に持ったスマホを放り出してしまいます。直前まで右手で餌をあげていて、スマホを操作するために持ち替えていたのかもしれませんが・・・それにしてもこんな間違いは小学 […]
モテモテ犬
モテモテワンコ
8人の美女に囲まれチヤホヤされて舞い上がっているワンコです。男性の方は、このワンコに成り代わった自分を想像してください。まさにパラダイスですね。
ラクダとセルフィー
ラクダとセルフィー
女性がセルフィーをしようとラクダの横に並んだ瞬間、ラクダが大きく口を開け女性の頭部に噛みつこうとしました。しかも縦に丸ごと噛もうとしました。すんでのところで身をかわして逃れましたが、反応が遅かったら噛みつかれていたでしょ […]
原初のファッション
原初のファッション
ファッションは厳しい生存競争のある種では発達しません。ある程度、種が繁栄し生き残ることが緩やかになって、初めて身を飾って異性に選択されるファッションという概念が生まれます。鳥類はその点で、人類よりも早くファッショナブルな […]