メニュー

危険

4頭のライオン
クアトロフォーメーション
野生のオスライオン4頭による道路の行進です。クアトロフォーメーションで一分の隙もありません。たぶん、所属していた群れを離れたばかりの4兄弟でしょう。ライオンはネコ科で唯一群れを作ります。そして、子供から大人になったオスラ […]
曳光弾
曳光弾が人をかすめる
まさに危機一髪!曳光弾が歩く人スレスレに飛び、あわや大惨事というシーンです。曳光弾はトレーサー(Tracer ammunition)ともいい、発光することで弾道がわかるようにした弾丸のことです。通常は遠方の目標を狙い、そ […]
ワニを狩るジャガー
ワニを狩るジャガー
いずれも強力な捕食者ですが、個体の大きさが狩る者と狩られる者を分けたようです。ジャガーは、不意打ちしたとはいえ、一噛みでワニをおとなしくさせています。ジャガーの牙が硬く厚いワニの皮を貫き、脊髄を破壊したようです。恐ろしい […]
嚥下
なぜ餅が喉に詰まるのか?
毎年起こるお正月の餅の事故。ニュースによると今年も1月1日から2日にかけて、東京消防庁管内だけで、餅を喉に詰まらせた27~99歳の男女17人が搬送され、80代の男性と90代の女性が死亡しました。なぜこのような事故が起きる […]
ドローン
ドローンの使い方
刃物は毎日の料理に欠かせない便利な道具であると同時に、人を傷つける凶器にもなり得ます。ドローンも同じ。使い方によっては、デリバリーや撮影に革命をもたらす便利な道具にもなれば、犯罪にも戦争にも応用できます。動画GIFは、そ […]
スノーモービル_絶壁
絶壁を登るスノーモービル
「アアー落ちるう―」の一歩手前で絶壁を登り切ってしまうスノーモービルです。失敗すれば、よくて大けが、悪ければ死んでしまうチャレンジです。そこには何の意味もないのに、なぜ人は危険に挑むのでしょうか?意味がわかりません。その […]
ラクダとセルフィー
ラクダとセルフィー
女性がセルフィーをしようとラクダの横に並んだ瞬間、ラクダが大きく口を開け女性の頭部に噛みつこうとしました。しかも縦に丸ごと噛もうとしました。すんでのところで身をかわして逃れましたが、反応が遅かったら噛みつかれていたでしょ […]
背面跳び
背面跳び
助走のヨタヨタ感からして悪い予感がしますよね。踏み切る足が左右逆ではなおさらです。背面跳びは走高跳で最も高く跳べる跳躍の仕方ですが、着地はとても危険です。トライするときは、まずマットに着地するトレーニングを何度も積み重ね […]
熊を叩く男
「ちょっと頂戴」「10年はえーよ」
男性は何か食べ物を手にしているようです。「ちょっと頂戴」と手を伸ばすクマの鼻先を、男性はパチンと叩いて撃退します。クマは鼻がとても敏感なのでお星さまが飛ぶぐらい痛かったはずです。たぶん飼い熊?野生の熊だったら襲われてしま […]
札幌の爆発事故
札幌の爆発はジメチルエーテル引火が原因
報道によると、12/16夜の札幌の爆発は不動産会社の従業員が室内でまいた120本もの除菌消臭剤スプレーのジメチルエーテルに引火したことが原因のようです。 札幌の爆発「除菌消臭スプレー120本まいた」 成分に引火か(NHK […]
公園でくつろぐライオン
住宅街の公園でくつろぐライオン
普段は子供たちが歓声をあげているであろう住宅街の公園の中で、のんびりくつろぐオスライオンです。アメリカ・ワイオミング州の出来事のようですが詳細は不明です。かなりの至近距離のようなので、車の中から撮影しているのでしょう。周 […]
積載
瞬発力で労働を効率化
ポ-ン、ガチャポン!と効率よくガスボンベをトラックに積み込んでいます。1つ10kgぐらいありそうな重いボンベを瞬発力で放り投げ、効率よく積載しています。ガスボンベは丈夫に作られており、少々のことでは破損しません。しかし、 […]
猫の爪
危険な猫の爪
肉球がとてもかわいい猫の足ですが、その中には鋭い爪が隠されています。こっそり忍び寄るときは爪を隠して音を消し、獲物にとびかかるときに爪を出して相手を引っかけます。ちなみに動物界一の快足を誇るチーターは忍び寄る必要がないの […]
ブラックホール
もしも地上でブラックホールが発生したら
全てを飲み込み光すら抜け出せなくなるブラックホールが、もしも地上で発生したらどうなるのでしょう?極小のブラックホールでも地球全部を飲み込んでしまうのでしょうか? 現在、日本では「国際リニアコライダー(Internatio […]
ファイトクラブ
ファイトクラブ
クラブはクラブでもカニのcrabです。器用にナイフを両手に持ち変え果敢にファイトします。カニに芸を仕込むのは無理そうだし、本能でナイフを扱っているのでしょうか?海底でも石を持って戦ったりするのかもしれませんね。 &nbs […]
滑って転んで
バッド・ラック・ラッキー
滑って転んで、命拾いしたシーンです。運の悪さのおかげで助かったといえますが、それ以前に無謀な行動が死の一歩手前を招いたことを反省すべきです。二度目のバッド・ラック・ラッキーはないでしょう。  
ラッセルクサリヘビの毒
血液を凝固させる出血毒
血液を凝固させるなら出血が止まるのだから出血毒はおかしくない?と普通思いますよね。ラッセルクサリヘビの毒は、血液に1滴垂らすだけで冒頭のGIF動画のように巨大な血栓を作ります。その二律背反のメカニズムはWikipedia […]
脚立で歩く
脚立で横歩き
「これは便利」と思ったあなた、決して真似をしないでください。これは大変危険な脚立の使用法です。何らかの理由で前後、左右にバランスを崩して倒れれば、頭部を打って命を失いかねません。実際、日本の労働現場に限っても、脚立の事故 […]