メニュー

危険

ワクチンで電球が発光
ワクチンで電球が発光
新型コロナワクチンを打った人がヘンなことになったと訴えています。ワクチンを打った部分に電球を当てると点灯するというのです。打ってない方の腕に当てても何も起こりません。新型コロナワクチンを打った腕に磁石がくっつくという話題 […]
樹上火災
樹上火災
シュロの木をチェーンソーで切断中に火災が発生したようです。火種はチェーンソーのエンジン排気かソーの摩擦かわかりませんが、なにせシュロの樹皮は火起こしで重宝されているぐらい燃えやすいことで有名です。「シュロ+火」には最大級 […]
見て見てーw
トランポリン
かつてこれほど無様なトランポリンの姿があっただろうか?やれと言われても難しいでしょう。腰とかダイジョーブ?  
横断歩道
横断歩道
ギリセーフ!自転車の男性の明らかな不注意です。気をつけないとー。  
急降下
急降下
超ギリギリですね。あるいはちょっと擦ったかも?死と紙一重です。  
追突事故
追突事故
よけた車はバイクの突進を察知したようです。とりあえず大きなケガはなさそうですね。しかし、「Why?」・・・猛スピードで空いていた車線をすり抜けようと考えていたバイクが、前の車がよけたためにブレーキをかけたが間に合わず・・ […]
飛び出すな!車は急に止まれない!
飛び出すな!車は急に止まれない!
危ない!!・・・だけどギリで大丈夫だったみたい。猫は無事だし、鳩もいなくなっているので車の下をくぐったよう・・・え?よく見たら、猫はしっかり鳩を咥えているようです。恐るべし、猫の身体能力!
大谷いじられる
大谷いじられる
ここ4日でバッターとしてホームラン4本、ピッチャーとして1勝を上げた大谷翔平。まだ26歳なのにスーパースターとして全米の男女・・ともに愛されているそうです。1塁でいじってきた相手はタイガースの主砲ミギー・カブレラ。201 […]
いきなりつかんでキス
いきなりつかんでキス
ライブ放送中にいきなりつかんでキス!レポーターの女性の優しい対応に好感が持てます。ただしこれはかなり前のおおらかな時代ですね。コロナ禍の今では殺人未遂にもとられかねません。  
JOC経理部長自殺ニュース差し替え
検閲か! JOC経理部長自殺ニュースを急遽差し替え
6月8日のKBC朝日放送の「アサデス。7」のニュース。日本オリンピック委員会(JOC)の幹部が自殺したニュースを読み上げる途中で、急遽、ゾウが車に衝突したというどうでもいい南アフリカのニュースに差し替えられました。これを […]
ペットボトルバズーカ
ペットボトルロケットの応用ですね。ロケットは発射台(地表)があるので反作用を気にしませんが、実際はこれだけの推力を受けているということになります。顔面に受けると、そりゃのけ反りますよね(笑)  
当たり屋
当たり屋
カメラがあってよかった。こういうプロがいる困った世の中です。  
クマを突き飛ばす少女
クマを突き飛ばす少女
強!クマを突き飛ばしたのはアメリカ・カリフォルニア州のヘイリー・モリニコさん17歳。子熊を連れた母熊はとても危険です。しかしそれ以上に子犬を守ろうとした少女の方が強かったようです。しかし、マネをしようと思ってはいけません […]
猛禽類の狩り
猛禽類の狩り
大きさでいえば地上を走る同体格の動物であれば鷲や鷹より重くて力もあるはず。空を飛ぶ猛禽類は意外と体重そのものは軽いはずです。 秘密はスピードとカギ爪にあります。頭や首筋などの急所に勢いをつけて大きな爪をドカンと突き刺し、 […]
二人乗り
二人乗り
ハイテンションになって「イエーイ!」とバランスをとったまでは良かったのですが、座る直前に安心したのか、着座ショックが強すぎたようです。ヤンチャするのも最後まで気を抜かないようにしないとケガをしますよ。  
死んだふり
死んだふり
大量のサメに囲まれているアオブダイ(?)。ここは死んだふりしかありません。サメにはロレンチーニ器官があり、筋肉が動く時に発する微弱な電気を感知します。呼吸はおろか目も動かせません。「おい人間!まぶしいぞ」と思ってそう。 […]
黄色のポルシェ
黄色いポルシェ
首都高の合流地点かな?ブレーキがよく効くポルシェの後続車が追突してしまいました。「カッコイイ車だなあ」と見とれる余裕はありません。ポルシェの後ろについたらブレーキに足を置く、という伝説が今も語られています。
逆走!?
絶体絶命の逆走!
一瞬で血の気が凍る光景です。でもこれ、トラックが後ろ向きのトラックをけん引しながら撮影したやらせ動画のように感じます。2車線の高速道路のようなのでバック走行は危険すぎますし、トラック後部に先頭部を取り付けるのもコストと手 […]