メニュー

危険

コウモリのスープ
コウモリは危険_武漢新型肺炎_2019新型コロナウイルス
中国で起きた新型肺炎(2019新型コロナウイルス)の流行がさらに広がりつつあるようです。武漢の海鮮市場のネズミかヘビを介して感染したと報道されていますが、そもそもの自然宿主は恐らくコウモリです。 2002年のSARSの流 […]
武漢_新型肺炎_コロナウイルス
武漢の様子_新型肺炎_2019新型コロナウイルス
街中でいきなり人が倒れる武漢の様子。急激に症状が悪化する新型肺炎の特異な病状がわかります。潜伏期間は2~7日という説がありますが、発熱してからの病状悪化のスピードが他の病気とは比べ物にならないほど早そうです。 今回の新型 […]
詐欺ATM
詐欺ATM
ポリスウーマンが持ち上げたATMの裏にはもう一つのATM。実はそちらが本物。上にかぶっていたのは詐欺ATMです。絶対わからないですね!ATM(Automatic Teller Machine)は現金自動預払機げんきんじど […]
ワニの襲撃
ちょっかいの代償 2
ちょっかいの代償の第二弾です。ワニを見つけたドライバーが、よせばいいのに車を寄せて、ジワジワ威嚇します。怒ったワニが噛みつき、そして激しいデスロール。バンパーはメチャメチャです。バンパーだけなら10数万円程度の修理費です […]
ラクダキック
ちょっかいの代償
すれ違うラクダにちょっかいを出そうとした男がラクダに蹴っ飛ばされます。怪しい動きにラクダも警戒していたようです。それにしても腿裏への強烈なキックは骨を粉砕したかも。男は高い代償を支払わざるを得ませんね。  
エスカルゴ
トマトを貪るエスカルゴ
大きなトマトスライスを食べきってしまうカタツムリです。フランス料理のエスカルゴはカタツムリの意味です。このエスカルゴをバターで焼いて食べたらトマトの風味がして美味しいのでしょうか? でも、自分で野良カタツムリを殻のまま料 […]
子供を守る
子供を守る
何が起きる変わらない、何を起こすかわからない、そんな子供を守るシーンです。こういうのを見ると、子供に対しては片時も気をそらせないですね。運良く助けられたシーンばかりですが、実際には助けられなかったシーンも山ほどあるという […]
ギリギリ
ギリギリ橋
ギリギリ、セー・・・いやアウト!トラックがもっと速く走っていれば、倒壊を免れ横転も防げたかも・・・慎重に行ったのが裏目に出たようです。
絶望
絶望
飛行機が飛び立つときに車輪を破損! ああーー「絶望」の2文字しか浮かびません。飛行機は着陸するときに片輪でもだめになると、滑走路に閊つかえて大破します。生きて生還できる可能性はとても低いのです。でも、このビデオがあるとい […]
好奇心
好奇心
過度の好奇心は、しばしば悲惨な結果を招く・・・のいい見本です。派手なピンク・ファッションで決めた女性が、よせばいいのに氷をトン、トーン。ツンツンぐらいにしておけばよかったのに、体重をかけたために、パリン!ドボン!と水の中 […]
タイガー・チャージ
だるまさんが転んだ
透明なアクリル壁の前で背を向けて虎に襲わせるシーンです。どこの動物園かわかりませんが、定番化しているようです。ドシンとすごい音がしたのでしょう、子供が飛び上がっています。恐ろしいシーンです。  
スマホ見てたらドカン!
まさに危機一髪!スマホに熱中していましたが、大きな音に素早く反応しました。0.1秒反応が遅かったらアウトだったでしょう。最近、スマホに熱中する人は異変を感知していても、ヘンに余裕をもってワザとらしく反応を遅らせる人がいま […]
荷台を上げて走るトラック
荷台を上げて走るトラック
以前「アームをしまい忘れた高所作業車」をご紹介したことがありましたが、今回は荷台を下げ忘れたトラックです。木っ端みじんに路上看板とブリッジを破壊してしまいました。後続の車たちは気が付いて距離を空けていたようで、巻き添えは […]
体積爆発空中爆弾
熱圧爆弾? 体積爆発空中爆弾?
未知の爆弾かもしれないといわれている爆発シーンです。2019年12月6日(金)にシリアに投下されたロシアのODAB-500とされる「熱圧爆弾」とも「体積爆発空中爆弾」ともいわれているものです。YouTube等にロシアから […]
横断
横断
止まってくれた車の前を悠然と横切る女性。周囲を全く見ずにもう一つのレーンへ・・・ドカーン!!あまりに危険な横断でしたが、無事に立ち上がったのをみると怪我はなかった???・・・後から気づく怪我もあるので安心はできません。 […]
光る道路
光る道路
近未来的な光景ですね。車線のLED光が走り、ドライバーにコースを教えてくれる道路です。高速道路かと思いますが、中央分離帯がないので一般道かも?どこの道路なのか、どこの国なのかもわかりません。 高速道路だとしたら、おそらく […]
アリの巣ドカン
アリの巣ドカン
アリを根こそぎ退治しようと火を放ったようです。恐らくガソリンのようなものをアリの巣に入れていたのでしょう。危うく本人も吹き飛ぶ威力です、危な!  
ガンを離せ
ガンを離せ!
ガンはガンでも給油ガンです。しかし着火したら銃どころの騒ぎではなく、ガソリンスタンド(Gas Station)そのものが吹っ飛ぶほどの危うさです。免許を取るときにセルフの給油のルールは学ばないのでしょうか?